【レビュー】Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書

Other

2015/5/22に発売された「Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書」を、著者の一人である窪木 博士(@littlebusters)さんから頂戴しました。とてもすばらしい本だったのは言うまでもなく、個人的に胸熱な本だったのでその想いも書きました。

Pocket

「Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書」はどういう本?

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書」は、Illustratorをはじめとしたベクターデータを作るツールの紹介、またWeb制作に絞った環境設定やワークフローを紹介した本です。これまでにないような、読んでいくうちに「すごい…!!」「そうだったのか…!!」と思わず声が出そうなテクニックがいっぱい詰まったすごい本です。とりあえず買った方がいい

ただし、あくまでも「ベクターデータ」の話が基本です。Illustratorで作られたDTPデータをらくらくWebデザインに転用して直ぐスライス♪みたいな夢物語はどこにもないのでご注意。

セクションごとの概要と感想

Chapter1,2 ベクターデータとは?Illustratorでの制作について
あわゆき(@awayuki)さんと三階ラボさんの担当されたセクション。そもそもベクターデータとは、なぜいまベクターデータなのか。Web制作でIllustratorを使用する際に気をつけることなどが書かれています。
Chapter3,4 Illustratorでの制作実践編
あわゆき(@awayuki)さんと三階ラボさんの担当されたセクション。特に三階ラボさんのページでは、チュートリアル本によくある「Illustratorで◯◯を作ってみましょう」ではなく「いかに早く、修正に強く、書き出しやすいデータを作るか」に、かなり絞っているので、配布されているスクリプトが、どういったワークフローで使われているのかがわかるすごい本になっています。あとで再利用しやすいアピアランス化・グループ化などのノウハウがたくさんですし、例えば「ここの塗りをなくしておきます」というような、Illustratorを使っているとよく迷う、よく躓くところにビシッ!!と手が届く内容になっています。あと、よく言われる「Illustrator?スライスがね…」という方にはぜひ読んでいただきたい。
一般的な話ではなく「三階ラボでは」という前置きがつく解説がたくさんで、「すごいデザイナーさんの作業風景を見ている」感覚で「すごい!!」言いっぱなしで「ああーそこでその機能を?!えっあっなるほどうわーやりたい!!」みたいな、敬意をこめて「変態」と称されるお二人のテクニック満載のセクションでした。
Chapter5 Sketchの話
窪木 博士(@littlebusters)さんの担当されたセクション。すっかり「Sketchの人」になってしまったくっきーさんですが、ちょいちょいFireworksの話も挟まれてるところに愛を感じます(勝手に)。
Sketchの特徴や使い方、文字の扱いのことなど基本的なことから、Chapter4でIllustratorで作られたアイコンをSketchでも作ってみる、など「Illustratorと比べてどうなのか」という比較もできて、優れている点、機能としては足りない点がわかりやすくなっています。またプラグインもたくさん紹介されていて、「できないと思ってたのにプラグインがあった!」というものもいろいろ。Sketchの情報はやはり英語が多く、そこを情報収集されて良いものだけをピックアップされているので、非常にありがたいです。あと黒い画面の話も…これは難易度高いですが、いろいろ妄想してはぁはぁしました( ˘ω˘)夢ひろがりんぐ。
Chapter6 SVGの話
松田 直樹(@readymadegogo)さんの担当されたセクション。この本の中でいま一番日本語ドキュメントがない話なのでは…?と思います。
SVGとは何か?なにがすごいのか?どういうことができるのか?という基本的なところがわかりやすく書かれていました。これまでIllustratorでただ書き出して貼付けていたコードも、ひとつひとつのタグの解説があって、「なんか知らんけどあたらしくてすごい画像形式」としか理解できていなかったものが、一歩前進しました。気軽に取り入れられるような話から、アニメーション・メディアクエリ・アクセシビリティなど「やってみたい!」「なるほどそういう利点が」という気付きがいっぱいのセクションでした。

はあはあ・・・書いてるうちに白熱してきたけど・・・えーと買った方がいい

この本の胸熱ポイント

最初に書きましたが、この本は窪木 博士(@littlebusters)さんから頂きました。が、だから褒めてる訳ではないんです。


ほい

amazon

ほいほいっと₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾

ここから気持ち悪い話をしますと、わたしは著者5名のもれなくファンでございまして、その5名が一堂に会するとかもうボンクレー正月ですよ。

ご本を頂戴しました窪木 博士(@littlebusters)さんは、私の最愛のツール「Fireworks」の機能拡張を作っていらっしゃる方でそれはもうお世話になっておりまして。最初に知ったFont Mixerは機能も衝撃でしたが、ページがかわいいロゴがかわいいで、こんなもの作れる人がいるのかと。

三階ラボさんは、思い返せばわたしがはじめて「アピアランス」に触れたデータの作者さんなんです。2010年「モーションダイ部文化祭3Days」という企画で「三階ラボさんのaiデータはすごい」と紹介されていたことから、当時配布されていたiPhoneのモックデータでアウトライン表示にして「なんじゃこりゃぁぁ!!」となったのが衝撃でした。こんなもの作(略

あわゆき(@awayuki)さんは今や時の人ですが、Twitterのアイコンにキュンとしてファンになり、後にあのゆるい線はIllustrator×ペンタブでできている、ということに驚いたことを思い出します。うまく言えないですが「かわいいを非常に戦略的にプロモーションする」という感覚がすごい、と尊敬しています。

松田 直樹(@readymadegogo)さんは今年の2月の「Webデザイントレンド in 大阪 2015」で、初めてセッションを拝見しました。お仕事の制作の話もとても勉強になりましたが、好きが高じて「歴史雑談録」というサイトを運営されているというのがとても素敵だと思いました。

買った方がいい

まとめ

この本を書いているみなさんはすごいです。何がって「みんなにわかるように自分のすごいところを伝える」というのが本当にすごいです。この業界にいると「すごいひと」にはよく遭遇しますが、それを「みんなにわかるように伝える」ことができるひとは多くないと思います。

自分のしたことを発表したり、配布したり「みんなにわかるように伝える」「使えるように作る」というのはすごく大変なことなんですが、この本を書いているみなさんは、様々な形でそれをしている。小規模ながらブログを書いていて思うことは「誰も自分のことなんか見てない」「じぶんの理解していることは独りよがりの域を出ない」ということです。何かを発表することは、リスクを負うこともありますが、知らなかったことを知る機会にもなる。何かをつくって、発表して、そこまでやってこそ自分のものになるのだろう、「◯◯のひと」になれるのだろうと思います。

えーとえーと、一介のファンが何を、という話ですがご本の発売おめでとうございます。他にも著書がたくさんあるみなさんですが、わたしにとってはとても思うところの多い、もちろん内容もすごい本でした。えーと、とりあえず買った方がいい

Pocket

ホームへ戻る

ページのトップへ戻る