デザイナーのイラストノート

Illustratorのアピアランスで忍法!

Illustrator

前回、イラスト応用編で使用したIllustratorの「アピアランス」機能。これが結構面白いので、折角なので忍者風でご紹介したいと思います。

Pocket

忍者登場

用意したのは忍者のイラスト。後ろの文字や手書き線は後付けの効果線で、アピアランスとは関係ありません。あしからず。

では、まず。忍法!分身の術!

「アピアランス」→「変形」で横にコピーしていきます。本当のオブジェクトは左のひとつだけです。

設定はこんな感じです。左のひとつだけが選択されています、これが本体です。設定の右下に「コピー:5」とあります。これで横に5つ分身させています。

はっ!敵からの攻撃!ヒラリ、ヒラリっと。

これは「ワープ」で形を変形させています。

選択されているパスの形を見ると、実際のパスは変形していないのがわかります。こんな風に擬似的に見た目を変えてくれるのが忍法アピアランスです。さきほどの「変形」に「ぼかし(放射状)」を組み合わせると分身の術!からの高速移動!

ふははは!このスピードについて来れまい!もういっちょ!

ふははは!「変形」と「ぼかし(放射状)」の組み合わせであの人気グループを再現。

えー、続きましては、やっぱり忍者と言えばこれ!

手裏剣です。これは手裏剣を描いたのではなく、

  • 「塗り」を追加
  • 「長方形」で正方形に変形
  • 「パンク・膨張」で手裏剣の形に変形
  • 「変形」で位置を調節

という工程でできています。ちょっとややこしいですね。これに「変形」「ぼかし(放射状)」を組み合わせると

シュシュシュ!と投げる事が出来ます。

ね!簡単でしょう?!うわーあと10分で忍者描かなきゃ!という時にはぜひ活用してみてください!

えっ?これアピアランスでやる意味あるのかって?

あの、普通に、描いた方が、絶対早いです。特に手裏剣とか。ほんとすみません。今回は忍者のイラストしか使用しない、という縛りでアピアランスにこだわって作ってみました。

アピアランスは他にも、色々な効果があります。

ぜひ色々使ってみてくださいね!

Pocket

タグ:

イラストノート トップページへ戻る

ページのトップへ戻る