フリーランスにモテる(かもしれない)仕事の打診メールFor制作会社さま

Other

拝啓、制作会社様。いつもお仕事ありがとうございます(深々)。お仕事を打診していただくメールはみなさんそれぞれで、もらってうれしいメール、もっとこうなればうれしいメール、について書いてみようと思います。

Pocket

初めのいいわけ

突発的に書いてみたくなったので、フリーランスWebデザイナーの立場から、仕事の打診メールをいただくときに「こんなこと書いてくれるとうれしい」という話です。しかし自分自身いつもレスポンス遅くて、制作会社さんにはいつも感謝です…それはさて置き、こういうことを気を留めて仕事の打診メールをされると、やりとりの回数が減らせるかもしれません。また、逆に制作会社さんから見て「こんな返事が欲しい」みたいな記事も上がるといいなーと言う打算アリアリでございます( ˘ω˘)

メールでのやりとりでありがちなこと

ic_01

どうでしょう、よくあるでしょうか?最初にすごく簡潔にメールをいただくことが多いのですが、見積を作るまでに聞きたいことがたくさんありますよね。こういうメールラリーをしていると、大事な制作時間がどんどん減ってゆきます。

わたし(Webデザイン8:イラスト1:紙デザイン1)の場合、最初のメールをもらったときにはこんなことを考えています。

ic_03

うれしいメール例

LPのデザインお願いします、PCのみで1ページです。デザインの数
ページのボリュームはこちらを参照してください(参考URL)。ページボリューム
◯◯に出稿予定です。

紙のデザインなどはなく、写真素材の選定からお願いします。
美容関係のため写真に強いこだわりのあるクライアント様です。クライアント情報
何度か差し替えが発生するかもしれません。懸念事項
また、先方の前に代理店確認の必要があります。

予算が少し厳しくて、写真代別で0円が上限です。予算&懸念事項
修正回数が多くなるようでしたら別途予算を取ります。

初稿は3/00で、最終デザイン納品は4/00希望です。スケジュール
コーディングは弊社で行いますのでデザインのみお願いします。
制作はAdobe Photoshopでお願いします。制作の制約

角田さんの他にも複数のフリーランスさんに打診しています。先着順
お返事は明日3/00の午前中までにお願いします。返事の〆切

どうでしょう、こんなメールをくださると、あとはカレンダーを見るだけでいいのでお返事もスムーズです。お返事の〆切も書いていただくと、とってもうれしいです。たまに土日とかにいただいて、これは急ぎなの…?今日中に返した方が良いの…?とドキドキすることも。

ic_02

とはいえ、情報が揃わない状況での打診もあると思います。例えば紙媒体を使えるかわからない、スマートフォン版は迷っている、など。そういうときは「◯◯かもしれない、未定」と書いてもらえるとうれしいです。なぜなら「わからない」のか「書いていない」のか、こちらでは判別がつかないためですね。

まとめ

一見「めんどくせえ!」と思われるようなことかもしれませんが、メールなら複数の方にコピペで打診できますし、受け取った方も具体的に検討でき返事もしやすいので、結果的にみんな幸せになれるのではと思います。「こちらの時間を大切にしてくださっている」という様に取れるので、こういうメールをくださる方にはいつも感謝しています。また、お仕事を打診する場面なら、メールに限らずSNSや何かの募集ページでも同じだと思います。

突発的に書いた記事なので何か反応があれば追記していこうと思います。よいコミュニケーションになりますように!

Pocket

ホームへ戻る

ページのトップへ戻る