CLIP STUDIO PAINT EX for iPadをインストールしたらiPadがパソコンになった話

Other

発表されたばかりの「CLIP STUDIO PAINT EX for iPad」というペイントツールを入れてみて、すごく衝撃を受けたので衝動的に書きました。使い方は全く載ってません。

Pocket

CLIP STUDIO PAINT EX for iPadが来た

2017年11月8日、その日予定のあったわたしは、電車の移動時間に見たTwitterで「クリスタがiPadに入った、半年無料」というニュースを見た。クリスタとは、株式会社セルシスの発売するペイントツール「CLIP STUDIO」の愛称。非常に高機能だが安価で、タブレットとの相性もいいのでイラストや漫画を描く人に非常に支持されている。

CLIP STUDIO PAINT EX for iPad 全世界同時リリースのお知らせ

「へー!ライト版が出たのかな?わたしはAstropad Studioを使うことが多いし、帰ったらそれと比較記事を書こう」なんて考えながら帰宅。さっそくインストールして起動してみたら

あまりの衝撃、だって

UIも機能もPCとほぼ一緒

わたしのiPadの使いかた

2016年に購入したiPadProとPencilは、Macの画面をミラーリングさせて使うことが多い。「Astropad Studio」を使うと、Macの画面をiPadにミラーリングできて、Pencilでは筆圧も取れる。Photoshopでの写真の切り抜きや、CLIP STUDIOでのイラスト作成など、iPadを液晶タブレットがわりにすることができる。

Astropad StudioはPCをiPadにミラーリングさせることができる

WACOMの液晶タブレットは非常に高価でなかなか手が出せない。iPadは本体の性能とiOSに依存するため、iPhoneが買い換えられるスパンを見るに、「快適に使える期間は短いけれど手が出せる液晶タブレット」と思って購入した。iPadでよく使うアプリは、タブレットの特性を生かしたものや、PCと同じアプリでも指で扱うという点を考慮して、機能が控えめなものが多い。

なのに、「CLIP STUDIO PAINT EX for iPad」は、どう見てもPC版の機能をiPad版に全乗せして来ているように見える。わたしがiPadだけでイラストを描くのによく使うアプリケーションに「MediBang Paint」がある。これも非常に高機能なので、これとUIを見比べてみよう。

「メディバンペイント」と比べても非常にメニューが多い

そもそもiPadでメニューバーにこんなに項目があるアプリは見たことがない。スライタスぺンを使う前提としても多すぎる。環境設定ではPC同様、細かな設定ができ、絵を描く時に多用する⌘やファンクションキーを置いておけるカスタマイズメニューまである。公式サイトを見ると、PC版のCLIP STUDIOで作成した「.clip」ファイルが開けるとある。ということは、やはりPCと同じ機能をそのまま乗っけて来ている。

正直CLIP STUDIOはめちゃくちゃ機能が多い、素材やプラグインもたくさん配布されているし、クラウドサービスもある。そんなものiPadで使い物になるのか。

使ってみた

すごーく描きやすい

ちゃんとタブレットの特性を生かしてジェスチャーも入れてきている。2本指タップで一つ戻る、3本指タップで一つ進む、はすぐに慣れたしすごく便利。iPadを物理でくるくる回せるので、キャンバスの回転も必要ない。ピンチでズームくらいはAstropad Studioでもできるが、それはiPadの機能だというだけ。もちろん保存もできるし、共有もできる。

正直メニューは多い、でも描きやすい。なぜなら機能が同じだから「これがやりたいのにできない」が基本的にはない。なんでこんなに複雑なのに苦にならないんだろう…と思って気がついた。

iPadで絵が描きたいんじゃない 絵が描きたいんだもの!!!

そもそもパソコンとは

繰り返しになるが、私のこれまでのiPadの印象は「あくまでPCの補助デバイス、もしくは簡易版」だった。でもCLIP STUDIO PAINT EX for iPadは、PCが全部iPadの中に入っちゃったような感覚。今の時代、イラストや漫画はスマートフォンやタブレットで見られることが多い、ということはその環境で描けば早いんじゃない?という話にも見える。

ところで改めて考えて見ると、パソコンてなんだっけ…?
ええと…四角くて…何でもできて…メールとか送れて…イラストの色とかサッと変えられて…ってあれ?

これもう、パソコンだわ

まとめ

まだリリースされたばかりで、試し書き程度なので「CLIP STUDIO PAINT EX for iPadはいいぞ」という記事ではありません。正直このUIがいいのかどうかもわかりません。しかしこのアプリがきっかけでiPadの見方、iPadユーザーの見方が大きく変わりました。これでどのくらいのCLIP STUDIOユーザーがiPad版を導入するかはわかりません。しかし、「iOSに乗っている」というデメリットを引いても非常に魅力的なアプリに仕上がっているように見えます。

今は半年無料期間ですが、月額980円になっても支持は得られるのか、iOSのアップデートについてこれるのか、期待しています!

あと、これを見ているとAdobe製品もこれくらいのもの乗っけて来て欲しいな…と、こちらも期待。

Pocket

ホームへ戻る

ページのトップへ戻る